• 高句麗と渤海
  • 水山里壁画古墳
玄室_北壁_全体
Title玄室_北壁_全体
玄室_北壁_全体
zoom

水山里古墳の玄室に入ると目に入る、正面の壁画である。北壁の壁画は、破損状態が非常に深刻である。特に墓主室内生活図の中心といえる墓主夫妻の姿が剥落し、無機質なセメントが広く塗られている点は、非常に残念である。このセメントは、石灰の壁が落ちた部分を補修するために、後代に塗られたものである。
一般的に玄室の北壁は、入口から中に入るとすぐ正面に行き当たるところであるため、壁画の中で最も重要な素材、つまり墓主夫妻の肖像が描かれる。画面の中央には墓主夫妻が座っている家屋の屋根が見え、その左右に侍従と侍女が対をなして上下二段に配置されている。両端には、蓮花が彫刻された柱と華やかな斗栱装飾が見られる。この柱は、北壁を左右に長く横切る梁をしっかりと支えており、梁の上に人字型の台工と桁などの構えが重ね上げられ、高句麗木造建築の壮大な姿をそのまま表している。
天井の随所に装飾された満開の蓮花紋と自由に飛んでいる瑞鳥(めでたいことの起こる前兆とされる鳥)は、平和な仏国浄土の雰囲気を高めている。