• 高句麗と渤海
  • 正しく知ろう、韓中歴史懸案問題

正しく知ろう、韓中歴史懸案問題

渤海文化の独自性

  • ▶ 渤海と唐の文化的な相違は中央と地方との相違に過ぎない。
  • ▶ 渤海は高句麗文化を継承した土台の上に唐の文物を受容した。
▶ 渤海の金製冠帽
zoom
中国の学者らは渤海の文化を次のように説明する。靺鞨人の文化が渤海文化の基礎を形成し、建国後には唐の文化の強い影響のもとに渤海文化が発展した。渤海が唐に派遣した多くの使節を通じて唐文化の輸入に努めたという事実が、これを裏付けている。また渤海は唐の地方政権であるため、その文化も国家的な相違とはいえず、中央と地方との相違に過ぎない。
渤海の文化に靺鞨や唐文化に由来する要素が存在するのは事実である。だがしかし、より重要なのは高句麗文化の影響である。例えば、渤海の首都である上京城や日本との交通路にあった現在の沿海州クラスキノ土城は、現存する城壁、瓦、仏像の築造方法やオンドルなどから高句麗との関連性がはっきりと認められる。特に、中国吉林省和龍の龍海古墳群からは高句麗特有の冠帽である鳥羽冠に非常によく似た冠帽が発掘され、渤海と高句麗文化の類似性を再確認させてくれる。
渤海には唐との交通路以外に新羅道、日本道、契丹道があった。渤海は唐のみならず当時の東アジア諸国とも交流していた。このことから渤海文化は、固有のものに加えて唐の文化をはじめとする東アジア諸国の文化と互いに影響を与え合っていたと理解するのが合理的である。

渤海文化の独自性を示す諸事例


• 王は可毒夫、聖人、皇上と呼び、王妃は皇后と称した。
• 3省(宣詔省・中台省・政堂省)と6部(忠・仁・義・智・礼・信部)の名称や運営方式が唐とは異なり、渤海特有のものだった。
• 貞孝公主墓のように墓の上に塔を建てる墓制度は、周辺国では見られない渤海だけの独特な文化である。
▲ クラスキノ土城の遠景(渤海の塩州城と推定)
zoom
▲ クラスキノと渤海の彊域
zoom

 
List Korean English Chinese Japanese Top
Go to page top