• 高句麗と渤海
  • 正しく知ろう、韓中歴史懸案問題

正しく知ろう、韓中歴史懸案問題

夫余族の源流

  • ▶ 夫余族は韓民族とは何の関わりもない中国古代からの少数民族のひとつである。
  • ▶ 夫余は古代韓民族の源流である濊貊族が建てた国である。
中国は、夫余族が山東地域から発源し、早くから中国に隷属してきたために、中国の地方文化の一部または鮮卑族の文化であると主張している。これは夫余と韓国史との関係を断絶させるための「東北工程」式主張に過ぎない。
▶ 神獣の佩飾夫余の特徴的な遺物。
zoom
夫余は、古朝鮮・高句麗・沃沮・東濊などの主流を形成していた古代の韓民族である濊貊族が建てた国である。中国の史書である『三国志』にも、夫余が濊貊の地にあり、高句麗のことを貊人または濊貊と呼び習わし、言語や法則が夫余とほぼ同じ夫余別種であると記録している。また、咸鏡道一帯の東沃沮人のことを濊民、東海岸一帯の政治勢力のことを濊と呼び、遼東地域には高句麗に編入された梁貊がいたという点から、遼東と朝鮮半島北部地域には濊貊族が土着民として暮していたことがわかる。
この人々は種族として同一であるのみならず、同族としての意識も持っていた。高句麗と百済は互いに自分たちが夫余の正当な継承者であると主張した。高句麗では建国の祖である朱蒙が、自らが夫余の流れを汲むことを内外に宣言し、百済も427年に北魏に送った外交文書において、百済と高句麗がどちらも夫余から発源したことを明らかにしている。また、百済王族の姓は夫余氏・余氏・解氏で、聖王のときは国号を扶余に変えたりもした。
考古学的にも、夫余史は中国史ではないことが立証されている。夫余地域では中国文化とはまったく違う独自の文化が発展した。特に第2松花江中流流域において発展した 西団山文化は、遼東や朝鮮半島の青銅器文化と非常に類似している。
こういった点は、夫余国が韓国の古代国家であり、夫余族が古代の韓民族である濊貊族であって、明らかに韓国史であるということを示す事実である。

 
西団山文化
紀元前10~4世紀に第2松花江中流流域で発展した青銅器文化。
닫기
List Korean English Chinese Japanese Top
Go to page top