• 東海の中の独島
  • 独島関連教育
  • 我が永遠の領土、独島(中学生用)

我が永遠の領土、独島(中学生用)


探究学習1


独島に関する日本の主張1:日本は古くから独島の存在を認識していた。[教え方の説明]

『改正日本輿地路程全図』
zoom
日本はこれに対する証拠として、長久保赤水が制作した『改正日本輿地路程全図』(1779年)などの古地図と古文献を根拠として提示している。しかし、長久保が制作した地図の初版は、日本とは異なり、鬱陵島と独島が朝鮮本土と同じく彩色されていない状態で、経・緯度線しか描かれていない。すなわち、鬱陵島と独島を日本の領域外の島として認識していたのである。
個人の描いた地図はもちろん、官庁が作成した地図や文書を見ても、鬱陵島と独島を朝鮮の領土として認識していたという事実は明らかである。日本の外務省は、1870年に作成された「朝鮮国交際始末内探書」で「竹島(鬱陵島)と松島(独島)が朝鮮の附属となっている事情」という報告書を作成して提出したことがあるが、これは独島が朝鮮の領土だということを日本が自ら認めたものである。
日本の海軍省が1876年に作成した『朝鮮東海岸図』もまた、独島を朝鮮の領土として表示している。また、1877年に日本の最高行政機関である太政官から日本の内務省に下した指令でも、独島が日本の領土ではないという点を明確にしている。

独島に関する日本の主張2:韓国が古くから独島を認識していたという根拠はない。

日本が昔から独島の存在を認識していたと記している『改正日本輿地路程全図』は1779年に個人が制作した地図である。それに比べ、韓国が独島を認識していたという根拠は、少なくともそれより600年以上前にさかのぼる。
1145年に編纂された『三国史記』には、「智証王13年6月に于山国が降伏し、毎年土産物を献上した」という記録が登場し、1454年に編纂された『世宗実録』地理志には「于山(独島)と武陵(鬱陵島)の二島が(蔚珍)県の真東の海にある。二島は互いに距離が遠くなく、晴れた日には十分に眺めることができる」と記録されている。
また、1531年に完成した『新増東国輿智勝覧』には「于山島(独島)、鬱陵島の二島は蔚珍県の真東の海の中央にある」と記録されており、1770年に編纂された『東国文献備考』には「輿地志によると『鬱陵と于山は共に于山国の地であり、于山は倭人たちが言う松島である』とある」と記録されている。『萬機要覧』(1808年)と『増補文献備考』(1908年)にも同じ内容が記述されている。
探究学習 1
1. 日本は「韓国が于山島を独島だと主張しているが、于山島は鬱陵島を意味するか、実際には存在しない島」だとし、韓国の主張に反論している。このような日本の主張が嘘だという点をはっきりと明らかにできる根拠を、前の文章から探してみよう。[答え]
2. 韓国の古地図を見ると、鬱陵島と独島がはっきりと示されているが、独島の位置や大きさが誤って表示されている場合が多い。だとしたら、韓国が独島の存在をきちんと認識できなかったという証拠になるのではないだろうか?[答え]
 

 
教え方の説明
本文は独島の領有権に関して日本が主張している10の事項について調べ、各主張に対して論理的な根拠を挙げて反論する形で展開した。双方の主張が鋭く対立しているため、主張および反論の論理的展開も非常にレベルが高い。そのため、生徒が理解するのは容易ではないかもしれない。したがって、教師が日本の主張と韓国の反論資料を全て深く理解した上で指導しなければならない。指導教師がこれらの資料を容易に参照できるよう、参考資料に「日本の知らない独島の10の真実」の内容全体を収録した。
日本はかなり前から外務省のホームページを通して、独島が自国の領土であると主張してきた。10の主張を順に整理した後、日本語と韓国語はもちろん、英語、アラビア語、中国語、フランス語、ドイツ語、ポルトガル語、ロシア語、スペイン語など主要国家の言語に翻訳し、パンフレットの形で提供している。
近年、日本は小・中学校の社会科教科書を通して、独島の領有権に関する教育を強化している。日本はこれまで一連の教育課程の改訂作業を通し、緻密に独島の領有権教育の強化を準備し、最近になってその結果を教科書に反映するようになったのである。
日本は、文部科学省より外務省が独島侵奪の野心を露骨に示してきた。
55ページの最初の主張は〈思考を開く〉に関した主張で、「独島の存在認識」に関するものである。これに対する反論としては『改正日本輿地路程全図』、「朝鮮国交際始末内探書」、『朝鮮東海岸図』、太政官指令などをその根拠として提示した。実際、これらの根拠資料に先立ち韓国の古文献を見ると、鬱陵島および独島に関する内容が記録されているため、これらの資料を根拠に提示しても差し支えない。
二番目の主張については、最初の主張に対する反論に続き、『三国史記』、『新増東国輿地勝覧』、『東国文献備考』などの記録をその根拠として提示した。これにより、日本が根拠として提示している私撰地図に比べ、韓国の記録が少なくとも500年以上前のものだということがわかる。
닫기
答え
1.韓国の古文献の記録を見ると、鬱陵島(または武陵)と共に于山島という島の名前が登場する。鬱陵島という名称が確かにあるのに、わざわざ于山島というまた別の島の名称を挙げたということは、鬱陵島とはまた別の島が存在していたということを意味する。そのため、間違って鬱陵島のことを指したはずもなく、独島が実際に存在していなかったというのも無理な主張である。
닫기
答え
2過去の地図を見ると、位置、大きさ、名称などの誤りがよく見られる。地図の制作技術が不足していた過去に制作された地図にはよく見られることである。
닫기
List Korean English Chinese Japanese Top
Go to page top