• 東海の中の独島
  • 独島関連教育
  • 我が永遠の領土、独島(中学生用)

我が永遠の領土、独島(中学生用)

思考を開く[教え方の説明]
■日本の隠岐の島からも独島が見えるだろうか?
海は平らに見えるが、実はそうではない。遠くの海から港へ近づいてくる船は、マストの一番高い部分から徐々に全体の姿を表す。この事実を通して「地球は丸い」ということがわかり、「海も平らではない」ということがわかる。
独島は鬱陵島と隠岐の島の間の東海の真ん中にある。下の図を見て、鬱陵島と隠岐の島から独島を見ることができるのか調べてみよう。
zoom
上の図を見ると、鬱陵島からは海抜高度88m以上の場所から独島が見え、524m以上からは独島の全体が見えることがわかる。鬱陵島の最高峰である聖人峰は海抜高度が984mもあるので、晴れた日には独島全体を一目で見下ろすことができる。しかし、独島から157.5㎞も離れており、最高峰の海抜高度が608mに過ぎない隠岐の島からは、独島が全く見えない。少なくとも、船に乗って106㎞以上移動しなければ独島は見えない。航海術が発達していなかった昔に、見えもしない島を探しに行くというのは、決して容易なことではなかったはずである。
1.上記の内容を読んで、韓国と日本のうちどちらが先に独島を認識していたのか話してみよう。[答え]
 

 
教え方の説明
鬱陵島と隠岐の島から独島が見えるかどうか、地球科学的なレベルで確認するようにした。日本は、韓国よりも先に独島の存在を認識していたと主張している。彼らの主張に反論するためには、論理的なアプローチが必要である。
図を見ると、鬱陵島からは独島が見えるが、隠岐の島からは独島が全く見えないことが一目でわかる。新羅の頃から鬱陵島に人々が住んでいたということは、既に史料を通して確認できている。だとすれば、鬱陵島の住民が遠くに見える独島を新羅時代から認識していたとするのは妥当である。すなわち、日本人に比べ韓国の人々がはるかに昔から独島の存在を認識していた可能性が非常に高いのである。そのため、航海術が発達していなかった過去に、見えもしない独島の存在を日本人が先に認識していたという主張は、常識的にも受け入れがたい。
닫기
答え
韓国
닫기
List Korean English Chinese Japanese Top
Go to page top