• 東海の中の独島
  • 独島関連教育
  • 我が永遠の領土、独島(中学生用)

我が永遠の領土、独島(中学生用)


探究学習1


『日露戦争実記』付録に収録された「韓国全図」[教え方の説明]

zoom
東京の大手出版社の一つである博文館は、1905年6月20日、『日露戦争実記』という膨大な日露戦争勝戦記録集を出版したが、その第76編の付録として1905年6月当時の「韓国全図」(34.5×48.0cm)をつけた。
「韓国全図」は(イ) 日本の閣議で独島を日本の領土として編入すると決定した後であるにもかかわらず、右端の線の外にあるものを無理に含めてまで独島を韓国の領土として表示している。すなわち、日本政府の閣僚と関係者を除いては、日本人も韓国の領土である独島を日帝が侵奪した事実を知らなかったということがわかる。これは、日本内でも(ロ) 島根県告示第40号を知らなかったことを示すものである。
㋑ 『日露戦争実記』、㋺ 「韓国全図」日露戦争は1904年~1905年に満州と韓国の支配権をめぐってロシアと日本が繰り広げた戦争なの。この戦争で勝利した日本は、韓国に対する支配権を確立して、満州に進出できるようになったのよ。
zoom
探究学習 1
1.上記の内容のうち、下線部(イ)の決定と(ロ)の告示がされた時期はいつなのだろうか?[答え]
2.上の資料をもとに、(イ)と(ロ)の不当性について話してみよう。[答え]
 

 
教え方の説明
1905年発刊の『日露戦争実記』の付録に収録された「韓国全図」を紹介しながら、日本人の作った地図にも鬱陵島と独島が韓国の領土として示されていることがわかるようにする。特に、この地図は日本の閣議で独島を日本の領土に編入すると決定(1905年1月28日)し、島根県で告示(1905年2月22日)したと主張する日より遅い1905年6月20日に発刊されたにもかかわらず、依然として鬱陵島と独島を韓国の領土として示していることに注目させる。これは、日本政府の閣僚と関係者を除いては、日本人も日本が韓国の領土である独島を侵奪したという事実を知らなかったということを示している。さらには、日本人でさえ知らなかった島根県告示というものが実際に告示されたものではない可能性があることを示すもので、島根県の告示自体が無効であることを示す明白な証拠という事実を周知させる。
닫기
答え
1. (イ) 1905年1月28日 (ロ) 1905年2月22日
닫기
答え
2. 「韓国全図」は、日本の閣議で独島を日本の領土に編入すると決めてから4ヶ月後の1905年6月20日に発刊された。ところが、この地図には独島と鬱陵島が日本の領土から除外されている。
닫기
List Korean English Chinese Japanese Top
Go to page top