• 東海の中の独島
  • 独島関連教育
  • 我が永遠の領土、独島(中学生用)

我が永遠の領土、独島(中学生用)


探究学習2

次の写真の内容と関係が深い人々について調べてみよう。
朝鮮戦争の混乱期に日本人が不法に独島に上陸し、「島根県隠岐郡竹島」と書いた標木を立てるなど、違法行為を犯し続けた。
独島義勇守備隊は、遠くからも見えるように、岩壁に「韓国領」という文字を刻んで、独島が韓国の領土であることをはっきりと示した。
独島義勇守備隊は警察を助けて独島を守護し、絶えることのない日本の野心を阻止するのに決定的な役割を果たした。
東海を監視中の隊員たち
zoom
1. 右の写真のように韓国領という標示が刻まれているのは、独島の西島だろうか、東島だろうか?[答え]
 

 
答え
東島
40ページ下段の活動では、解放以降の朝鮮戦争の混乱期に、鬱陵島の住民が警察と共に韓国の領土を守るために活動した独島義勇守備隊について紹介し、彼らの活動と関連した写真について説明する。特に、東島の岩に大きく「韓国領」と刻んだのは、日本人が標木を立てる気にすらならないようにするためであることを説明する。
닫기
List Korean English Chinese Japanese Top
Go to page top