• 東海の中の独島
  • 独島関連教育
  • 我が永遠の領土、独島(中学生用)

我が永遠の領土、独島(中学生用)

思考を開く[教え方の説明]
韓国には4千あまりの島がある。これらの島は誰が守っているのだろうか?ある島は軍隊が守っているが、ある島は警察が守っている。この差は何なのだろうか?
(イ)白翎島の海兵隊
(ロ)独島警備隊
zoom
1.韓国の軍隊が駐屯して守る場合と、警察が守る場合の差は何だろうか?[答え]
自分の考えを下に書いてみよう。
例(イ)の場合 :
例(ロ)の場合 :
 
現在、独島は一小隊規模の慶北地方警察庁所属の独島警備隊が守っている。日本の巡視船などの外部勢力の侵犯に備えて、先端科学装備を利用し24時間海岸警戒を行っている。近隣の海洋警察、海軍、空軍と連絡がとれる通信施設も備わっている。
次は「独島は我が領土」という歌の歌詞の一部分である。空欄に入る言葉を選んで書いてみよう。[教え方の説明][答え]
(   )王13年 島国 于山国 世宗実録地理志50ページの3行目ハワイはアメリカの領土 対馬は知らないが 独島は我が領土
日露戦争の直後に主人のいない島だと言い張っては本当に困る新羅将軍(   )が地下で笑うぞ独島はわが領土
 
上記の歌詞にも登場する新羅の将軍異斯夫は、于山国を新羅に服属させた人物である。『三国史記』の「列伝」では、異斯夫を次のように紹介している。
『三国史記』巻4 新羅本紀智証王13年6月條
zoom
異斯夫の姓は金氏、奈勿(ナムル)王(ネムル王)の4代目の子孫である。智度路王(智証王)の時、沿海国境地域の地方官になったが、居道という人物の計略を真似て馬戯で加耶国をだまして滅ぼした。
智証王13年(512年)、異斯夫は何瑟羅州(現在の江原道江陵市)の軍主になり、于山国の併合を計画していたが、その国の人々が愚かで気が荒いため、力では降伏させられないと考え、木で多くの獅子を作り、戦船に分けて載せ、その国の海岸に達した時に「お前たちが降伏しなければ、この猛獣たちを放って踏み殺させるぞ」と偽った。すると、人々は恐れをなしてすぐに降伏した。
 
東島には「独島異斯夫通り」、西島には「独島安龍福通り」という道路名新住所が付与された。
zoom
于山国は独島を管轄していた国なので、異斯夫は独島と我々の縁を結んだ最初の人物だと言える。このような由縁から、独島の道路名新住所を募集した時、異斯夫将軍の名前にちなんだ住所が多くの人から推薦されて採択されたのである。
朝鮮時代にも独島を守るために大きく貢献した人物、安龍福、李奎遠、沈興澤などがいる。朝鮮時代の粛宗の時、漁夫だった安龍福は二度に渡って日本に渡り、鬱陵島と独島が韓国の領土であるという確答を日本の官吏から得てきた。高宗の時、鬱陵島の検察使であった李奎遠は、鬱陵島についての報告書を作成し、鬱陵島に対する政府の積極的な管理政策を導き出した。鬱陵島の二代目の郡守である沈興澤は、日本人の独島侵奪を報告する際、公式的には初めて独島という名称を使用した。

安龍福の活動[教え方の説明]


時は1693年、鬱陵島の近く
どうして日本の漁夫がここまで来て魚を捕ってるんだ?
この間は独島でも魚を捕ってたぞ。
ここは朝鮮の地だ。すぐに出て行きたまえ。
何て馬鹿げた話だ! とりあえず、隠岐の島へ連れていこう!
昔から鬱陵島と独島を管理してきたのは朝鮮だし、我々が暮らしてきた地なんだ。
ああ、頭が痛い。この件は最高指導者である幕府の関白殿に聞いてみなければ。
鬱陵島と独島は朝鮮の領土であり、二度と日本人が鬱陵島と独島で漁業ができないようにする。 -幕府-
関白殿が命令を下されたから、文書を作成する。
どうしてそんなに日本語が上手なんですか。
東莱水軍として勤務していた時に倭館によく出入りしながら習ったんです。
対馬
書契を返してくれ
鬱陵島と独島をこのまま渡すわけにはいかん!
東莱府
日本の領土である竹島に朝鮮の漁夫たちの侵犯を禁止するよう要求する書です。
朝鮮の朝廷で交わされる鬱陵島と独島、安龍福の問題についての激しい議論
壬申倭乱(文禄・慶長の役)が終わって間もないから、外交関係を考えて.....
何を言ってるんだ。我が国の領土を日本に奪われてはならない。
日本の幕府では
日本人の鬱陵島と独島への接近禁止 1696年1月28日
鬱陵島と独島には資源がとても多いんですよ
日本の漁夫は領有権を主張して、鬱陵島と独島に出入りし続けた。
1696年、再び独島
わしは鬱陵島と独島を管理監督する朝鮮の両島監税将だ。すぐに出て行け!
朝鮮の両島監税将として厳重に抗議する。
わかった。二つの島は朝鮮の領土だから、日本とは関係ないという文書を作成して幕府に上げるようにする。
対馬
朝鮮の地を無断で侵害したら、ただじゃおかないぞ。
1697年東莱府
鬱陵島は朝鮮の領土だから、二度と境界を越えないようにする。
1698年
この書契について全面的に同意し、これを幕府に報告する。
鬱陵島、独島の二つの島は朝鮮の領土
朝鮮の朝廷
安龍福は官吏を詐称して、勝手に国境を出入りしたから、死刑に処するべきだ。
国の領土を守ったという点で功績が大きいので、流刑にすることで終えましょう。
zoom
※ 書契 = 外交文書
※ 伯耆州 = 今の鳥取県
zoom

 
教え方の説明
まず、導入部の「思考を開く」では、どうして独島を国軍ではなく警察が守っているのかについて考えてみるために設定した。独島を国際紛争地域化しようとする日本の意図に巻き込まれることなく、独島を実効的に支配することが重要だと考えたためであり、この単元で扱う内容に、独島を自発的に守った独島義勇守備隊の内容も出てくるからである。
닫기
答え
例㋑の場合:白翎島は北朝鮮の挑発の可能性が常に存在する非常に危険な地域である。このように外部の侵略が憂慮される国防上の重要な地域は韓国軍隊が駐屯して守る。
例㋺の場合:安全が確実に保障された地域の治安は警察が担当するのが基本である。そのため、以前から韓国の領土であることが確実な鬱陵島と独島は韓国国内の治安を担当する警察を派遣して守っている。国際紛争地域にしようとする日本の意図を遮断するのに役立つと思われる。
現在独島を守る慶北地方警察庁所属独島警備隊は、1953年7月の巡ら班の活動から始まった。独島警備の補強のために、1996年6月27日鬱陵警察署所属の独島警備隊と、鬱陵島の警備を担当していた318戦闘警察隊を統合して創設した鬱陵島警備隊の配下に独島警備隊を置き、鬱陵警察署長の責任の下で運営された。現在は鬱陵・独島警備隊が創設され、独島を警備している。
닫기
教え方の説明
「独島は我が領土」の歌を一緒に歌いながら、この歌に登場する人物を紹介し、鬱陵島とその付属島嶼である独島がいつから韓国の領土として編入されたのかを知るためのものである。異斯夫の知略について補足説明し、鬱陵島の道路名新住所についても説明する。
独島内の道路名は2008年に約2万6千人の国民から募集し、東島は独島異斯夫通り、西島は独島安龍福通りに決まった。
닫기
答え
智証、異斯夫
닫기
教え方の説明
漫画を通して安龍福の活動をおもしろく理解できるようにし、鬱陵島と独島を一貫性をもって韓国の領土として管理してきた努力と、右往左往する日本の態度を比較しながら説明するようにする。また、その時代には認められなかったが、後世の人々が彼をどう評価したのかを紹介する。
朝鮮時代の英祖の時の実学者である星湖李瀷は「安龍福は真の英雄である。一人の卑しい軍卒が死を顧みずに国家のために強い敵と戦って国を守ったのに、朝廷は大きな褒美を与えるのはおろか、むしろ罪を問い流刑にしたのは、真に不憫なことではないか」と言い、朝鮮時代の正祖の時の大提学、尹行恁は「あの時、朝廷では鬱陵島を日本に渡そうとまでしていたが、一介の守兵が自らの責任でもなく、誰が命じたわけでもないのに、命をかけて鬱陵島を奪われないようにしたのだから、安龍福の功績はどれだけ立派なものか」と安龍福の業績を称えた。
닫기
List Korean English Chinese Japanese Top
Go to page top