• 東海の中の独島
  • 独島関連教育
  • 我が永遠の領土、独島(中学生用)

我が永遠の領土、独島(中学生用)

思考を開く[教え方の説明]
※ 一つの国の国土についての情報は、地図や地理書に記録され、時間が経つにつれて科学技術が発達したことで、より正確な地図、より詳しい地理書が作られるようになった。韓国の領土である独島に関する地図も最初は不正確だったが、時間が経つにつれてその位置や形が次第に正確になっていった。
『朝鮮総図』、『海左全図』
zoom
1. ㋑と㋺のうち、国土の輪郭がより今日に近いのはどちらの地図だろうか?[答え]
2.㋑と㋺のうち、先に作られた地図はどちらだろうか?[答え]
3.各地図で独島を探して印をつけてみよう。[答え]
 

 
教え方の説明
地図は各時代の必要に応じて、漸進的に発達してきた。地図は人間が暮らしていく空間についての様々な情報を盛り込んでいるが、これらの情報はその時代の人々の暮らしにとって意味を持つものである。時間が経つにつれて科学技術が発展し、国境線の輪郭や島の位置などがより正確に描かれた地図が作られてきた。韓国の領土である独島に関する地図も、最初はその位置や形が不正確であったが、時代が発展するにつれて地図上の位置や形が次第に正確になっていった。
닫기
答え
1.国土の輪郭が今日のものにより近い地図は㋺である。
닫기
答え
2.国土の輪郭が今日のものにより近い㋺の地図が精巧に描かれていることから、㋑よりも後に作られたことがわかる。
닫기
答え
3.地図で独島は于山島と表現されている。
닫기
List Korean English Chinese Japanese Top
Go to page top