• 東海の中の独島
  • 独島関連教育
  • 我が永遠の領土、独島(中学生用)

我が永遠の領土、独島(中学生用)


深化学習:近世以前の独島年代記[教え方の説明]


年度(時代)内容
512年(新羅智証王13年)異斯夫が于山国を服属。
1018年(高麗顕宗9年)女真族の侵略で于山国が荒廃化すると、高麗の朝廷から農機具を賜与。
1407年(朝鮮太宗7年)武陵島の居住民に陸地に出てくるよう命令。
1454年(朝鮮端宗2年)『世宗実録』地理志に于山と武陵の二島は晴れていると眺めることができると記録。
1531年(朝鮮中宗26年)『新増東国輿地勝覧』に于山と武陵の二島について記録されている。
1693年(朝鮮粛宗19年)慶尚道と全羅道の漁夫たちが鬱陵島に行き、安龍福と朴於屯が日本人の漁夫たちに拉致される。これをきっかけに朝鮮と日本の間に鬱陵島紛争が始まる。
1696年(朝鮮粛宗22年)安龍福が鬱陵島で日本人と会い、鬱陵島と共に松島(子山島)は朝鮮の領土だということを明らかにし、逃げる日本人を追って日本へ渡る。
1697年(朝鮮粛宗23年)日本幕府は鬱陵島が朝鮮の領土であるという事実を認め、日本人の往来を禁止する。朝鮮政府は定期的に鬱陵島の巡察を決定
主な内容のまとめ
1. 于山国は鬱陵島と于山(独島)を支配した王国であった。
2. 新羅智証王13年(512年)に異斯夫将軍が于山国を新羅に服属させた事実が『三国史記』に記録されている。
3. 『世宗実録』地理志に、「于山と武陵の二島が互いに距離は遠くなく、晴れていると十分に眺めることができる」と記録されている。
4. 『新増東国輿地勝覧』江原道蔚珍県條に鬱陵島と于山島に関する説明が記録されている。すなわち、二つの島が韓国の領土であることをはっきりと明かしている。
 

 
教え方の説明
独島が歴史的に長い間韓国の領土であったという記録は、数多くの歴史書と地理書に残っている。独島の年代記を通して、その歴史は新羅時代までさかのぼることがわかる。多くの本や文書において、独島は常に鬱陵島と共に述べられており、高麗時代を経て朝鮮時代になるほど、より多くの文書や書物で韓国の地であることが確認できる。独島に関して述べられている主な書物は『三国史記』、『高麗史』、『世宗実録』地理志、『新増東国輿地勝覧』、『東国文献備考』、『萬機要覧』などが挙げられる。
닫기
List Korean English Chinese Japanese Top
Go to page top