• 東海の中の独島
  • 独島関連教育
  • 我が永遠の領土、独島(中学生用)

我が永遠の領土、独島(中学生用)


深化学習:独島の隠された資源-海洋深層水[教え方の説明]

㋑独島周辺の海洋深層水
㋺一般海岸地域の深層水の開発
㋩鬱陵島・独島周辺の深層水の開発
zoom
海洋深層水とは、太陽光が到達しない水深200m以上の深さの海水のことを言う。深層水はグリーンランドから発源し、2,000年の周期で大西洋、インド洋、太平洋を循環している海水資源である。循環している海水がグリーンランドの氷河地域に到着すると、非常に冷たくなり比重がとても重くなる。比重が重くなった水は次第に海面下へと沈んでいき、水深200m以下まで達し、温度は約2℃まで下がる。この水は、上方の温かい水と混ざることなく、まるで水と油のように互いに境界を維持して存在するようになる。この水を海洋深層水というが、栄養無機塩類が豊富で、汚染されておらずきれいである。
最近は、水産、食品、飲料、化粧品、医学など様々な分野で活用されて重要性が高まってきており、世界各国が開発に力を注いでいる。韓国の東海の海水全体の約90%ほどが深層水だと言われている。特に独島付近は他の地域よりも海底沿岸の傾斜が急で、開発費用が少なくてすむと思われる。深層水を汲み上げる時、島まで連結する輸送パイプの長さが短くてすむためだ。
主な内容のまとめ
1.独島は約460万年前から溶岩の噴出によって形成され始めた火山島である。
2.独島の気候は暖流の影響を強く受ける典型的な海洋性気候で、年間の平均気温が約12℃と比較的温暖な方である。
3.独島には約249種の動植物が生息しており、近くの海域は潮境水域で海洋生物が豊富である。
4.独島周辺の海域には、主要資源である海洋深層水などが分布している。
 

 
教え方の説明
海は今後の科学技術の発達により、無限の開発可能性を持っている。現在、独島の周辺では、地下資源を含む様々な海洋資源を開発するための研究と探査が進められている。中でも、東海の海洋深層水は既に知られている主要資源である。
海洋深層水は栄養無機塩類が豊かで、汚染されていないきれいな水として知られている。最近は飲料、化粧品、医学などの様々な分野でその活用度と重要性が高まりつつあり、世界各国が開発に力を注いでいる。韓国の東海の海水全体の約90%ほどが深層水だと言われている。ところが、こうした海洋深層水の開発は、独島の自然環境を害さないように制限的に行わなければならない。
닫기
List Korean English Chinese Japanese Top
Go to page top