• 東海の中の独島
  • 独島関連教育
  • 我が永遠の領土、独島(中学生用)

我が永遠の領土、独島(中学生用)


探究学習2


独島にはどんな生物が生息しているのだろうか?[教え方の説明]

海洋性気候っていうのは、海の影響を強く受ける気候のことを言うんだ。夏は涼しいし冬は暖かくて、1年中一定の降水量があるんだ。
zoom
独島の気候は暖流の影響を多く受ける典型的な海洋性気候で、年間の平均気温は約12℃と比較的温暖である。独島は霧が多く、1年を通して曇った日が多い。年間の平均降水量は約1,240mmで、冬は雪の日が多い。
独島には多様な生物が生息しており、鳥類139種、植物約60種、昆虫93種など、約290種の動植物が確認されている。その中でもウミネコは約1万羽が観察されており、ダルマギクとマサキは独島に生息する代表的な植物だと言える。
資料1
zoom
10月中旬頃、独島の切り立った岸壁や岩の隙間に咲く花。韓国と日本にのみ生息し、最近遺伝子の比較により、日本で生息しているものも韓国から渡ったものだということが確認された。
 
資料2
zoom
尾羽の先に黒い帯があり、他のカモメ類と区別される。独島には天敵がほとんどおらず、えさが豊富であるため、渡り鳥が途中で休むのに有利な生息環境が備わっている。
 
探究学習2
1. 資料1と資料2に該当する動植物がそれぞれ何なのか話してみよう。[答え]
 

 
教え方の説明
独島は、夏は涼しく冬は暖かい、海洋性気候が見られる。気候グラフを見ると、最も寒い月である1月も5℃前後であることがわかる。また、1年を通して一定の降水があり、霧がかからない日が60~90日しかないほどに霧の日が多い。
独島には陸地とは異なる、独特な生物種が生息している。(韓国の環境部が指定する)絶滅危惧野生動物一級のタカ、二級のトビ、ミサゴ、ナベヅル、 1万羽余りが観察されたウミネコなど、鳥類139種と植物約60種、昆虫90種など、約290種の動植物が確認された。また、近くの海には約236種の海洋生物が生息しているという。
△独島の気候
zoom
닫기
答え
|資料1| ダルマギク
|資料2| ウミネコ
닫기
List Korean English Chinese Japanese Top
Go to page top