万歳
Title万歳
徳興里壁画古墳の前室西壁の天井に描かれた瑞獣(縁起のいい動物のこと)のうち、「萬歲」の詳細図である。徳興里壁画古墳の前室の天井には全部で18匹の瑞獣が表現されているが、西壁にはそのうち千秋、萬歲の2匹が登場する。
『抱朴子』(中国の神仙方薬と不老長寿の秘法を述べた道教の書籍で、東晋の葛洪(283~343)が著した)には、「千秋の鳥と万歳の獣は、どちらも人間の顔に鳥の体を持ち、寿命もまたその名前のとおりである」との記録がある。
画面に見えている万歳は人頭鳥身(人の顔に鳥の体を持つ動物)の姿を持ち、外見が文献の内容と一致することがわかる。その横には「万歳之象」という墨書銘が見える。万歳も頭の飾りが仙人と同じく描かれている。仙人は不老不死の不滅の存在であり、万歳がこれらと全く同じ姿で描かれたのは、これらが長寿を象徴する動物だからである。人頭鳥身として千秋と対をなし、やはり長寿を祈る意味合いを持っている。主に千秋と対をなして登場する。
위로 이동
高句麗の歴史

닫기